<< 僕が何千マイルも歩いたら | main | What is style? >>

スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Put down for you



 受験期から放置プレイしていた虫歯を2年越しについに治療しに行ってきました。
 神経を抜かれるか懸念していたのですが、削ってつめるだけで平気だの事。良かった。
傲慢で乱雑で(治療中にクシャミしやがって)態度のでかい歯科医のキンタマ蹴り上げてやろうかなと思いましたが、横でそんな態度をとる歯科医に対して「いつもお世話になります。」「どうもすいません。」などとあくまで恐縮の姿勢をとるおばあちゃんを見て、とりあえず自分のキンタマを心の中で蹴り上げておきました。

 一般的に日本は恥の文化と言われてします。身内や世間様が見ていない限り、何をしても構わないという考え方です。「誰もみてないけど、イエス様がご覧になっている。」と考える罪の文化をベースとした西洋人と違うところです。
 身内が誰も見ていない事を良い事に、また後回し後回しにしたツケが回ってきた事にイライラし、その歯医者以上の態度の悪さを発揮してしまった俺自身に猛省しています。罪の文化(と本人は思ってはいないでしょうが)を長年にわたって体得していたそのおばあちゃんを尊敬。

SUPERCAR -cream soda-



いやーしかし歯が痛い。

スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • 20:27
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー,石渡淳治
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM