<< IN YOKOHAMA | main | ただしいことばのつかいかた >>

スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Like a rolling stone



先日地元の友達とメシを食べに行った時の事。

まぁ地元の友達だけに、家でゲームしてちょっとドライブしてメシ食って・・という肩の力が抜けたマターリな感じで時は流れていきました。
僕は小学校、中学校の頃は一人で行動するのが好き(あまのじゃくだったわけではないですw)だったので友達が少なく、未だに交流があるのはその3人くらいだったので、同級生の近況を殆ど知らずにいました。
ので、色々話を聞いてたらなんともデンジャラスでありファンタスティックな話が次々と耳に飛び込んできました。○○が結婚して子供がいるだの○○が妊娠しただの、ならず者で有名だった○○が福祉関係で就職しているだの…という類です。

偏差値がヤンキースの松井の背番号程度しかない大学でダラダラと勉強してるだけで俺は勝ち組だというものっそステレオタイプな考えを持っていたわけで、でもそれは皆が、自分が思っているほどすごい事じゃなくて、
それに比べて社会に出て妻子を育てる為にせっせとトラックの運転手をこなしてるあいつや、自分のおなかに宿った新しい命を絶とうとせず弱冠20歳で母親になる決意をしたあの人の方が断然凄いわけで、とても大きな劣等感を抱えているわけで、だからといって僕が今すぐ妻子をもてる訳でもなく子供を生める訳でもなく、高齢者の為に尽くせる訳でもなく、こうして彼らにはない夏休みという学生特有の腐敗期間を使いパソコンに向かって自問自答して苦しんでるわけで、今、将来を見通してすべき事をいくら考えても何もうかばないわけです。奴らが社会に出て自分のすべき事をしてる間に、
僕はプラザ合意の急激な円高の是正の為の大幅な公定歩合の引き下げ政策について机に向かって左手を動かし、喫煙所で友達と愚痴という何も生まれない物を煙草の煙と一緒に吐き出しているわけで。でも経済について勉強して友達とだべる生活がそれなりに楽しいからこそ疑問を感じる訳です。

でもこうして(結論はうかばないものの)何かについて真剣に考えるだけで自分は成長していると信じこむしかないわけで、でも案外それが正解であるかもしれないです。ので、色んなバイトをし転がる石のように色んなものとぶつかり合い強くなって大学生特有のヌルい脳みそなりに色々な物事を考えて行こうとします。

おぅ、俺は準備ができてるんだよ。さっさとかかって・・・・


こいや!!!!!!

Bob Dylan -Like A Rolling Stone-

パーフェクトな演奏。

【追記】
日記を書き終わり、上のボブ・ディランの昔の動画を余韻に浸りながら見てたら外からものすごい雨音が。約3分ほどの通り雨でしたが、上のように感じていた思いを綺麗に流されたような気がします。

Mr.Children -通り雨-
通り雨 ほらまた降り出した
木の下で 雨宿りしながら
物思いにふけってるよ
通り雨 この胸を濡らして
水たまり いくつもつくっていく
いつか光が射して それが乱反射しあって
キラキラ輝くといいのに

スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • 19:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー,石渡淳治
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM