スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


Take me to the moon

2泊3日で親父の住む福岡へ。何もする気が起きず親父の家でゴロゴロ。さすがに何をしにきたかわからないので翌日天神、大名あたりをフラフラ。もはや服に対する興味がなくなった俺はラグシーでBand of outsidersだけチェック。ない。ファック。
ローソンでの店員の210円でーす。の訛りっぷりにテラ萌える。これが萌えという感情かと悟る。福岡の若者の服装の勘違い感を密に嘲笑してたらどこにチャリをおいたか忘れる。カチキレる。何これどんだけツンデレ俺。
62円の価値しかないラブレターの歌を思い出す。ごもっとも桜井さん。

そんな不完全燃焼感を帳消しにするかのような朧月。今日一日を象徴するかのような月。不明瞭でありながら存在感MAX。コーヒーがうまい。大学が始まる前にこんな機会を与えてくれた両親並びに素晴らしく幻想的な月にグラッチェ。しぇいしぇい。ウォーアイニー。
楽しかったぜ!後期も大学がんばるぜ!

Good journy, Bad misunderstanding.




1年振りに箱根。神奈川とは思えない緑に囲まれたホテルで一泊し、ユネッサンではウォータースライダーで斜面を爆走しました。

やっぱりどこか遠いところに足を運ぶのは悪くないと感じました。自分は限りなく物質主義で出不精の人間なので、2万で旅行するならそれで高い服買ったほうがいいと考えがちになります。旅行は物質的には何も残らないけど、服はその支払った代価分が手元に入るからです。でも旅行もその代価分が心に残るって言えばかっこよすぎるけど兎に角モノに拘る事もないんじゃないかと感じた。悪くないよ。旅行。てゆーか楽しいよ。
 そして、旅行は癒しの場所であること。あーいうのは普段職場で上司に客に怒鳴られミスを繰り返したりしてボロボロになったからこそ、仕事を忘れひと時の安らぎを求めに旅先に行って癒されるべきで、僕のようなう○こNEET状態で行くより、ちゃんとバイトをしてストレスが溜まりに溜まった状態で行った方が効用が高いと感じた。悪くないよ。仕事。てゆーかまじ仕事しよう。


そして帰路についている途中、信号で止まり、青信号を待つ。
何を勘違いしたのか青だと思って進んだらまだ全然赤で左右からクラクション、急ブレーキの嵐、交通整備員には後ろから怒鳴られるし、チキンな俺は久々に心臓が止まりそうになりました。悪くないよ。交通マナー。てゆーか何で勘違いしたんだろうorz

事故にはくれぐれも気をつけてください。この文章を読んでくれた人が移動中少しでもこのくだりを思い出してくれれば幸いです。とか言ってみる。

Mr.Children -one two three-
要人を乗っけた黒光りの車 間近で鳴らすクラクションに老人はたじろぐ
いろんな人いるなぁ 僕は君の事を思い出してた 横断歩道

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー,石渡淳治
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM