スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


僕は僕にもどっていく



深夜の1時にバイト上がって、ヘッドフォンつけて音楽を聴きながら帰宅。

大通りすら人っこ一人いず、車が昼より凶暴に見えます。言うなれば鉄のカタマリが自分に一直線に突っ込んでくる感じ。信号がいつもより凶暴に見えます。まるで僕を嘲笑うかのような3つの原色。
そんな時ランダム再生のipodから流れてくる曲はRadiohead やらsyrup16gやら。なんでやねん。どないやねん。

たまにどうしようもなく寂しくなる時があるのです。特にこういうバイト上がりの時は無性に友達が恋しくなります。かといってこんな真夜中に友達に電話でメシ誘っても迷惑な話。そうなると僕は家でmixiやrymでブラウン管の中でつながるしかないのです。そして人恋しいままベットに入っても寝られない。これぞ負のデフレスパイラル。早く明日になって欲しいのに寝られない。基本的に夜更かしというのはその場の快楽だけで、何も生まないことを発見しました。


でも。俺はまだ捨てたもんじゃないっすよ。なぜなら家に着く寸前にクラムボンが流れてきましたからね。捨てたもんじゃないっすよ。俺は。まだ。

音楽に救われるとはまさにこの事。

クラムボン -コントラスト(全歌詞)
さまざまなひとがおられます
ぶつかって きずついて ゆるさない
さまざまないけんがございます
おもいこんで おしつけて みとめない
でも平気 でも平気 君に会いに行けば
きっと平気 平気だよ 君と話していれば

僕は僕を とりもどす
........とりもどせる

それぞれのじかんがございます
いつだってしゅんかんをいきるだけ
それぞれのじじょうはちがいます
やりたいこと やらなきゃいけないこと

でも平気 でも平気 君にキスをすれば
きっと平気 平気だよ 君をだきしめていれば

僕は僕を とりもどす
僕は僕に もどっていく
.......もどっていける

すばらしいことだ あぁ なんてすばらしいことだ



オラボケ。俺の感覚器官よ。さっさと落ち着きを取り戻せ。明日も色んな人としゃべりたいんだよ。

マッハ!!!

>

バイトでの出来事。

ガテン系のいかちぃおっちゃんがコーヒーを買いに来ました。

「おーさみーさみー。東京も寒くなったな。だんだん地元に似てきたよ。」とおっちゃん。

「どこに住んでいらっしゃったんですか?」と俺。

「ん?北海道。」

「あ、僕も住んでましたよ。札幌の中央区なんですけど・・」

「ん?お前どこ中よ?」

「K中学校です。」

「おう俺F中。ガキの頃住んでたから大分まえなんだけどな。・・・」

なんとそのおじさんの昔の家は僕の昔住んでたところと徒歩10分の所でした。近くのスキー場の話をしたり地元の他愛もない話をしたり、おっちゃんのすすきの風俗の失敗談など聞かせてもらい世界は本当に狭いと感じました。

********************************

 夏休みが明け、後期になって出会いの重要性を感じざるを得ません。1年の頃それほどの仲でもなかった友達と仲良くなったりして、傍からみたら普通の奴が結構興味深い人生を送ってたり、意外であり運命を感じざるを得ないような奇跡のつながりがあったりして、とても楽しいです。
 よく大学の交友関係は"浅く広くでつまらない"と言われますが、一概に浅いより深い方が良いとは言えない事に気づきました。で。僕はその"浅い"特有のゆるい交友関係をとても楽しんでいます。最もそれを気づかせてくれたのは僕自身の成長でも何でもなく、その考え方を早くも見につけていたその友達たちなのですが。自分の成長ではないにしろ、その変化は今後の大学生活を送る上で非常に大きなターニングポイント。

で。

 僕が通っている大学は一般的に偏差値がまぁまぁ高い大学なわけで、その分浪人の絶対数が多いわけで、彼らは1ないし2年僕より先輩なので、色々なものを吸収できます。実際音楽性もファッションもかなりの影響を受けたし、アイデンティティも固まってきました。これは成長。自分の。
 上の考え方をツールとし、ゆるい関係の中から(深い関係だと、相手に対してステレオタイプになってフィルターが確立されているケースが多いですしね。)様々なものを吸収し自分というものを高めていく事に愉しみを覚えてからは、大学が楽しいです。高校にも負けてないです。そうするとこの考え方を体得した俺は成長と言ってもよろしいのではないか??違うか?ん??こんがらがってきたぞ!!www

 いずれにしろ僕は毎日一歩前に進めています。たまに後退もありますが、最近の僕はそれすら前進ととらえています。

 もはや陳腐すぎて心の隅においていた"一期一会"ソウルが今じゃキラキラ輝いて見えます。


まぁなんにせよ。

マッハ楽しいです。


Decemberists - 16 Military Wives

アイビー!



別に。



世間が沢尻エリカやら郵政民営化やら角界の不祥事にゆれている中、僕はというと自分の中で遠くを見ながら色々な事を考えコーヒーを飲んでいました。
去年の悲惨な成績から見てもわかるように、僕はケツに火がつかないと頑張れないんです。事実、ケツに火がついた今年の前期試験は良い成績をあげることができました。

で。

ケツに火がつかないうちに就職活動に向けて色々頑張ってみようかと思うのです。就活は大学受験のようにケツに火がついてから間に合うものではないと思うからです。テーマは「計画と自立」。いかに3年後期までに各種資格をとれるか、またどんな事を自分の頭で考えるか。

また、昔の自分がそうであったように、今を楽しむとかいう綺麗事を言って大学で騒いでたり、グースカ寝てたり後ろの方でくっちゃべってるような奴らが胡散臭くてしょうがないんっすよ!何しに大学来てるかわからんような奴が胡散臭くてしょうがないんっすよ!自分の頭の悪さを棚に上げて教授や大学を批判してるような奴らがうさんくさくてしょうがないんっすよ!沢尻エリカの涙の謝罪インタビューがうさんくさくてしょうがないんっすよ!ナントカ親方の弁明がうさんくさくてしょうがないんっすよ!何なんだお前らチクショー!

ということで高らかにそして声高に宣言。計画と自立。あとの2年ちょいの大学生活。計画と自立。自分がここまでモチベーションを高める道を導いてくれた大学の友達にせんきゅーべいべー。

クラムボン- id -
手をひろげているよ
手をひろげているよ
手をひろげているよ
手をひろげているよ


学ぶ心さえあれば、万物すべてこれわが師である。
語らぬ石、流れる雲、つまりはこの広い宇宙、
この人間の長い歴史、
どんなに小さいことにでも、
どんなに古いことにでも、
宇宙の摂理、自然の理法がひそかに脈づいているのである。
そしてまた、人間の尊い知恵と経験が
にじんでいるのである。これらのすべてに学びたい。

Pay attention!!!!



どんなに高尚な人でも人間がゆえの怒りやイライラという感情を少なからず抱いてるわけで、
その怒りの感情が他人も自分に対して持っていてたとしてもそんな都合の悪い事は棚に上げて他人を非難し中傷し自己満足するわけで(結局人間ってのは根底では自分が快適ならそれで良いって思ってるからね)、
逆にそういった事が醜く何も生まれないと思っている人は第三者を誹謗中傷する事はなくその分誹謗中傷されるわけで、
故に自分の中でどす黒いものが少しずつ溜まっていくという事はなく、またあったとしてもそれを笑いに変えエネルギーに化学変化させる術を体得していて生きています。

簡単なようで難しい。そして器用であり、それでいて美しい人。そんな人になりたい。

Radiohead -2+2=5-
I'll lay down the tracks
sandbag and hide
January has April showers
And two and two always makes a five

It's the devil's way out
And there's no way out
You can scream and you can shout
It's too late now


radiohead
Radiohead Hail To The Thief









I understood the importance of acquiring knowledge, so darkly.



2年前、大学受験でサルのように勉強していた意味、並びに親や先生達が耳に蛸ができるくらい勉強しろ勉強しろと言ってた意味が本当の意味でわかってきたような気がします。まだぼんやりと輪郭だけだけど。
第一の目標は自分の目指す大学に合格する事。そのツールとして、様々なジャンルの知識を脳味噌に詰め込む訳ですが、結局望みどおりの結果になったとしてもならなかったとしても、その詰め込みは受験が終わってもトウフみたいにスパァっと消えるわけじゃなくて、本当にしつこく頭に残るわけで。その残った知識が大学に入ってもわりと活用されてるわけで。コブデン&ブライトって世界史であったよねーwあーあったあったww的なそういう意味ではなくて本当の意味で活用です。
経済史にしろ民族史にしろ科学史にしろある程度小中高の12年+予備校で習った事が使われる、いやもはや常識として話が進められるのでそのバックグラウンドを知らない人達は飲み込みが悪くて終いにゃ教授や授業内容のせいにしたりして。

でもおまいらそれちゃうよ、と。他人を見てて思いました。めちゃめちゃカコワルイよなぁ。
相対的に国立や高いレベルを目指して勉強してた人たちは数学もやっていた為頭の回転も速いし地歴公民も複数やっていた為とても聡明で、大学で習う勉強もすんなりと頭に入ってくるわけです。その差はでかい。非常にでかい。

最近mixiニュースを見て、特定のニュースに関連する日記を書いている人の記事を見る事がマイブームとなってるのですが、文章の構成で頭が良い人悪い人って一発でわかりますよね。そういうのもある程度義務教育で培ってきた事に起因するのではないかと思います。もちろん僕は後者。


以上、チラシの裏からお送りしました。

It's a wonderful world.



itunesを聴きながらレポートを仕上げるとなかなか完成度の高いものに仕上がるという都市伝説は本当だと実感。まさに相乗効果。
イライラしながら様々な関連ページをクリックしてコピペで仕上げるより、ゆったりとした気持ちでコーヒーでもすすりながら好きな音楽を聴いてカタカタと自分の意見でも添えながら言葉を構築したほうが自分の為にもなる気がするという事です。イライラはいかんとです。たった一瞬の感情が必ず後悔するとです。結局後悔するのは自分なのにね。そう、一番後悔するのは自分ってわかってるのに感情を抑えきれない。あぁ、世界は素晴らしい。

クラムボン -パンと蜜をめしあがれ-
草むらにねころんで さあ物語はじめよう
パンと蜜を召し上がれ
最近mixiミュージックにはまっています。アーティストごとの人気楽曲のランキングを見たりするのも楽しいのですが、なんたってマイミクがどんな音楽を聴いているかを見るのがとてもとても魅力。意外な人が意外な音楽聴いていたり、いかにも体育会系の奴がPUNK聴いてイメージ通りすぎる奴もいたり…。色んなジャンルの曲を聴いている人もいれば、1つのアーティストのひとつの曲を繰り返し聴いてる人もいる。会話というツールなしに相手の趣味嗜好がわかるというのは中々魅力。(会話で相手の趣味を知る事を否定するわけじゃないけどね。もちろん相手と直接交流しているという側面も見れば当然こちらの方が望ましい。)それを媒体に相手と交流が深められる可能性もふえるわけだし。あぁ世界は素晴らしい。

Mr.Children -It's a wonderful world-
この醜くも美しい 世界で


この世界は醜くも美しい!

歯が痛い!



Glosoli



さて、明日からバイト始めます。3ヶ月前までやっていた接客業を辞めて結構経ちました。次にやるバイトは高校時代結構長い間働いていたので、仕事を覚えるのには問題がないでしょうが、何せ深夜営業。なんです。大学も始まるし、睡眠時間的なものが心配なわけで。僕は完全に夜行性コウモリ人間なので自信はありますが、今まで眠くなるわけでもなく平然と起きていた時間が立ちっぱなしで笑顔振りまいて接客する時間に変わるとなると若干の不安を覚えるとです。
僕はまだ時間も経っていない状態の、さぐりさぐり状態の空気がとても好きです。友達の中から音楽にせよ映画にせよ本にせよ共通の趣味を見つけた時の快感はやヴぁい。あの一気に距離が縮まる感じだけでご飯3杯はイケます。テンションあがって、「じゃあ煙草吸いながら話しようぜーー♪♪」と喫煙所に向かってスキップで行けるくらいです。
あまり嗜好の面で接点がない人とも話していくうちに自分が吸収できるものもあるかもしれないし、兎に角初対面のうちの約1ヶ月は自分のアイデンティティーが確立し、様々なものを吸収できる絶好の機会なんです。というか要は人間大好きなんです。人見知りで人間大好きというパラドックス全開のめんどくささとかありえないっすよねー。

ねー。

良い人間関係に恵まれるといいな。

Like a rolling stone



先日地元の友達とメシを食べに行った時の事。

まぁ地元の友達だけに、家でゲームしてちょっとドライブしてメシ食って・・という肩の力が抜けたマターリな感じで時は流れていきました。
僕は小学校、中学校の頃は一人で行動するのが好き(あまのじゃくだったわけではないですw)だったので友達が少なく、未だに交流があるのはその3人くらいだったので、同級生の近況を殆ど知らずにいました。
ので、色々話を聞いてたらなんともデンジャラスでありファンタスティックな話が次々と耳に飛び込んできました。○○が結婚して子供がいるだの○○が妊娠しただの、ならず者で有名だった○○が福祉関係で就職しているだの…という類です。

偏差値がヤンキースの松井の背番号程度しかない大学でダラダラと勉強してるだけで俺は勝ち組だというものっそステレオタイプな考えを持っていたわけで、でもそれは皆が、自分が思っているほどすごい事じゃなくて、
それに比べて社会に出て妻子を育てる為にせっせとトラックの運転手をこなしてるあいつや、自分のおなかに宿った新しい命を絶とうとせず弱冠20歳で母親になる決意をしたあの人の方が断然凄いわけで、とても大きな劣等感を抱えているわけで、だからといって僕が今すぐ妻子をもてる訳でもなく子供を生める訳でもなく、高齢者の為に尽くせる訳でもなく、こうして彼らにはない夏休みという学生特有の腐敗期間を使いパソコンに向かって自問自答して苦しんでるわけで、今、将来を見通してすべき事をいくら考えても何もうかばないわけです。奴らが社会に出て自分のすべき事をしてる間に、
僕はプラザ合意の急激な円高の是正の為の大幅な公定歩合の引き下げ政策について机に向かって左手を動かし、喫煙所で友達と愚痴という何も生まれない物を煙草の煙と一緒に吐き出しているわけで。でも経済について勉強して友達とだべる生活がそれなりに楽しいからこそ疑問を感じる訳です。

でもこうして(結論はうかばないものの)何かについて真剣に考えるだけで自分は成長していると信じこむしかないわけで、でも案外それが正解であるかもしれないです。ので、色んなバイトをし転がる石のように色んなものとぶつかり合い強くなって大学生特有のヌルい脳みそなりに色々な物事を考えて行こうとします。

おぅ、俺は準備ができてるんだよ。さっさとかかって・・・・


こいや!!!!!!

Bob Dylan -Like A Rolling Stone-

パーフェクトな演奏。

【追記】
日記を書き終わり、上のボブ・ディランの昔の動画を余韻に浸りながら見てたら外からものすごい雨音が。約3分ほどの通り雨でしたが、上のように感じていた思いを綺麗に流されたような気がします。

Mr.Children -通り雨-
通り雨 ほらまた降り出した
木の下で 雨宿りしながら
物思いにふけってるよ
通り雨 この胸を濡らして
水たまり いくつもつくっていく
いつか光が射して それが乱反射しあって
キラキラ輝くといいのに

本当はそんな事ないのにね。


僕、ミクシーやってます。
マイミクは基本的には友人オンリーですが、たまに服や音楽や考え方があう人にはマイミクをお願いしてみたりしています。今年の初め、音楽と服の趣味があって考え方がめちゃめちゃカッコいい方とミマイミクをしてもらいました。このブログはその方の形式とめちゃめちゃ似てる、というより、完全にパクったわけですが(汗
そのマイミクさんがやってるブログの中の一節にこういう文がありました。以下引用。

>確かに世の中には センスのいいぶる 人は多く存在するわけで、しかし彼らにはなんの罪もないわけで、もっと言えば自分がそうでない保障などどこにもないわけですが、どこか嫌気がさしてしまう。

あの茶髪の姉ちゃんも上流階級気取りのセンスのかけらもない女なのか。あのカップルも男のほうが女に自分が聡明であることをアピールしたいだけなのか。

そんな中、家族で展覧会に来ていた子どもたちのはしゃいでる姿が印象的でした。


もう、最高です。素晴らしい対比表現。
人間っていうのは、本能的に他人より自分の方が感性が優れていると思いがちで(本当はそんなことないのにね)、それを自己の中で満足するのでは飽き足らず自分以外の人に自分はセンスが良いんだよ(本当はそんなことないのにね)と婉曲的にアピールしたがる。

得てして感性の優れている人は自己の中で満足するもので、それを他人に刷り込もうとはしません。

それに対して子供は、自分の感性の良し悪しなんか気に留める事もなく自分のやりたい事をやりたがる。他人がそれをする自分を見てどう思うかなど全く考えず、行動に移す事ができるというわけです。純粋な心を持った子供は優れた表現者であり、優れた表現者というのは一般的に子供心を忘れていないものです。


金城一紀著『SPEED』より引用
「とにかく、俺は自分の頭で考えて、目で確かめて、まえに進んだんだ。ほかの車にぶつかる可能性も、人を轢く可能性もないと思ったからな。でも、たいていの奴はあの場面でも信号が青になるまで待つだろう。それが世間にまかりとおっている常識だし、百パーセントの安全を確保できるし、それに、誰かに信号無視を見られて非難されることもないだろうしな。要は、信号が変わるまでまっているほうが、めんどくさく無くて楽なんだよ。」
車がまた赤信号で停まった。今度は人もいたし、車もまえを横切っていた。アギーは私を見つめて、続けた。
「俺たちを動けないように縛っているのは信号機じゃなくて、目にみえないもんなんだよ。中川はその操作方法がうまいんだろう、きっと。でも、俺とか南方とか舜臣とか萱野とか山下は、自分たちの目と頭が正しいって判断したら、赤信号でも渡るよ。で、おまえはどうするよ?」


で、お前はどうするよ?


">SPEED
SPEED 金城一紀著
角川書店





キング牧師とルー大柴





Martin Luther King's "I have a dream" Speech
I have a dream that one day this nation will rise up and live out the true meaning of its creed. "We hold these truths to be self-evident: that all men are created equal."

I have a dream that one day out in the red hills of Georgia the sons of former slaves and the sons of former slave owners will be able to sit down together at the table of brotherhood.

I have a dream that one day even the state of Mississippi, a state sweltering with the heat of oppression, will be transformed into an oasis of freedom and justice.

I have a dream that my four little children will one day live in a nation where they will not be judged by the color of their skin but by their character.

I have a dream today.

I have a dream that one day down in Alabama, with its vicious racists, with its governor having his lips dripping with the words of interposition and nullification; that one day right down in Alabama little black boys and black girls will be able to join hands with little white boys and white girls as sisters and brothers.

I have a dream today.

I have a dream that one day every valley shall be engulfed, every hill shall be exalted and every mountain shall be made low, the rough places will be made plains and the crooked places will be made straight and the glory of the Lord shall be revealed and all flesh shall see it together.

This is our hope. This is the faith that I will go back to the South with. With this faith we will be able to hew out of the mountain of despair a stone of hope.

With this faith we will be able to transform the jangling discords of our nation into a beautiful symphony of brotherhood.

With this faith we will be able to work together, to pray together, to struggle together, to go to jail together, to climb up for freedom together, knowing that we will be free one day.

This will be the day when all of God's children will be able to sing with new meaning "My country 'tis of thee, sweet land of liberty, of thee I sing. Land where my fathers died, land of the Pilgrim's pride, from every mountainside, let freedom ring!"

And if America is to be a great nation, this must become true. So let freedom ring from the hilltops of New Hampshire. Let freedom ring from the mighty mountains of New York. Let freedom ring from the
heightening Alleghenies of Pennsylvania. Let freedom ring from the snow-capped Rockies of Colorado. Let freedom ring from the curvaceous slopes of California. But not only that, let freedom, ring from Stone
Mountain of Georgia. Let freedom ring from every hill and molehill of Mississippi and every mountainside.

When we let freedom ring, when we let it ring from every tenement and every hamlet, from every state and every city, we will be able to speed up that day when all of God's children, black men and white men, Jews and Gentiles, Protestants and Catholics, will be able to join hands and sing in the words of the old spiritual,

"Free at last, free at last. Thank God Almighty, we are free at last."


最近はやたらと1960年代をモチーフとした映画を見る事が多いです。
その時代は最もタフで最も魅力的で危険な時代で、映画を見る度にまるで60年代にタイムスリップしていまうかのような気持ち良い感覚になります。
60年代、資本主義と共産主義が対立して世界ではラブ&ピースを掲げヒッピーが台頭しジョンレノンが歌で、ジミ・ヘンドリックスがギターで平和を訴えた時代。
僕はこの時代にとても憧れています。洋服がレトロでかっこいいしリアルタイムで聴きたかった音楽もたくさんあります。なによりその時代に生きるだけでタフになれるような気がするから。
今の時代も50年後になったら「00年代はタフな時代だったな。」と呼ばれるようになるのでしょうか。。

ルー大柴の何気ない口癖が実は世の中の本質を突いている。

黒人も白人もアカもシロも男も女も大人も子供もトゥゲザーしようぜ!!


John Lennon -imagine-

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー,石渡淳治
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM