スポンサーサイト

  • 2007.11.13 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


How does it feel?



ふたりで人生を歩むことを決めて15年が過ぎた。
出会った頃のときめきこそ感じない。
しかし着実にそれぞれの存在を尊重し理解し、ささえ合って生きている。

ある休日の午後、髪を切って帰ってきた夫のスキンヘッドを見て、笑い転げる妻。
妻の予想外の反応に戸惑う夫。

商店街に買物に出ても、すれ違う人に声がけされるたびに笑う妻。
周囲の反応におもしろがっていた妻が、魚屋の「あさり」にひきつけられる夫のしぐさを見て、
夕食に「あさりの酒蒸し」をつくる。そんな妻の愛情が夫の心を満たす。

夫が妻を、妻が夫を思い、何気ないやさしさを届ける。
そんな夫や妻のふるまいが、それぞれを元気づけたり、癒したりするもの。
そんな瞬間、心の声でこう語りかけているはず・・・

「私の趣味は、あなたです。」



良すぎ。

Yuko Andoh
安藤裕子 -Merry Andrew

IN YOKOHAMA



ミスチルのライブに日産スタジアムへ行ってきました。ライブチケットがバイトの後輩からイレギュラーで手に入ったので、金銭状態が危険だけど、これは行くしかないだろう、と。

会場前、2階席から続々とアリーナ席へ入場していく無数の人の群れを眺めていて、みんな好きな曲とか嫌いな曲とか思い出に残ってる曲などを持っているんだろうなと感慨にふける。

隣に綺麗なおねいさんとか来ないかな。もし来たらライブ後盛り上がってこの後ご一緒にお食事でもええ喜んでktkr!!!とか不純な期待をよせているうちに、ライブは始まりました。

とりあえずセットリストに若干の不満。HOMEのツアーなんだから、"HOMEらしい曲"でなく"HOMEの曲"を持ってくるべきであろうと。Another Story聴きたかった。
ポケットカスタネットの後半の展開及びJENのドラムは神過ぎて焦った。
オーディエンスの手拍子のリズム感のなさに辟易しつつも、3時間にわたるライブは無事終了。
気分は得意教科の英語で100点狙いに行ったら80点だった感じでした。ライブの完成度はとても高いものの、ミスチルとは大分違うベクトルの音楽を聴き始めているので、自分の意識にも問題がありました。でも尊敬する桜井和寿氏の歌声を聴けた事は本当に良い思い出となりました。

帰りの溝の口行きのバスで夜景を見ながら余韻に浸る時間がとても気持ちよかったです。

惜しみない敬意と愛をこめた拍手を。

Live forever

Liam Gallagher


「グランジ全盛の頃だった。ニルヴァーナの自殺願望の曲は・・あいつ(カートコバーン)も作品も好きだが、俺なら書かないと思ったね。ラリって”死にたい”なんて奴バカらしくて近づきたくもない。この曲で反論したわけじゃない。聞く価値の無い歌詞だと思ったんだ。奴は”持てる者”の自分を恥じた。俺たちは何よりも、朝無事に目覚めるのは最高だと思ってた。貧乏な時もそうだった。」


ここに全てがあるように思える。
死の否定 生の肯定。

Oasis -Live Forever-
Maybe I don't really want to know
How your garden grows
I just want to fly
Lately did you ever feel the pain
In the morning rain
As it soaks it to the bone

Maybe I just want to fly
I want to live I don't want to die
Maybe I just want to breath
Maybe I just don't believe
Maybe you're the same as me
We see things they'll never see
You and I are gonna live forever

Maybe I don't really want to know
How your garden grows
I just want to fly
Lately did you ever feel the pain
In the morning rain
As it soaks it to the bone

Maybe I will never be
All the things that I want to be
But now is not the time to cry
Now's the time to find out why
I think you're the same as me
We see things they'll never see
You and I are gonna live forever
We're gonna live forever
Gonna live forever
Live forever
Forever


月に何度か無性にLive Foreverを聴きたくなる時がある。
それは決まって力が欲しい時。
普段から事件が絶えなかったり暴言で問題になったりヤンチャなリアムだからこそこういう主張がストレートで心に入ってくる。

日が昇った。鳥が鳴いている。冷たい風が吹いている。
今日も一日が始まる。

魔法のアルペジオ

今日の夜12時頃、高校の友達(♂)と待ち合わせしてとあるバンドのスコアを貸してもらった。夜分遅く友達には申し訳なかったけど、ipodでその曲を聴いててどうしても冒頭のアルペジオが弾きたかったからである。「例えば、日陰で咲くその花を何故か愛おしく思い どうにかして日向に、と悩めたら少し強くなれる。」で始まる曲です。

ギター触るのも久々だったし、苦戦すること1時間、ようやく通して弾く事ができました。久々だと超気持ち良い!!上手く弾けるとちょっと自分かっこいいと思い悦に入ってしまいます。バンドマンにナルシストが多いのが非常によくわかりますw

こうやってある程度弾けるようになってから改めて聴きなおすと、全然違う曲に聴こえます。ベースの重低音、ドラムのリズミカルな演奏、美しいギターを土台としてボーカルの声がのっかってくる。
音楽ってすge-----------!!!!!
バンドやりte------------!!!!!!!!!


Mr.Children -ポケット カスタネット-
ポケットに君のメロディー いつも持ち歩いている生き物
それが僕です そっと祈るように響かせる 体中に
例えばカスタネットで簡単なリズム 奏でている
それが君です 気まぐれに生真面目に僕を 導いてゆく

じゃけっと
Mr.Children HOME


明日はたらふくラーメンくってきます。

RUN! BOYS RUN!

進め!

結局理由なんか後付けなんだ。

本能の赴くまま進め!進め!進め!

くるり ハイウェイ Songwriting:岸田繁
ぼくが旅に出る理由は だいたい100個くらいあって
ひとつめはここじゃどうも 息も詰まりそうになった
ふたつめは今宵の月が 僕を誘っていること
みっつめは車の免許 とってもいいかななんて
思っていること

僕は車にウーハーを (飛び出せハイウェイ)
つけて遠くフューチャーならす (久しぶりだぜ)
何かでっかいことしてやろう
きっとでっかいことしてやろう

飛び出せジョニー 気にしないで
身ぐるみ全部 剥がされちゃいな
やさしさも甘いキスもあとから全部ついてくる
全部遠まわしにしちゃいな 勇気なんかいらないぜ
僕には旅にでる理由なんて何一つない
手を離してみようぜ つめたい花がこぼれおちそうさ




(これはライブ映像だが)PVで着てる妻夫木の青のロングカーデがデラかっこいい。
N(N)かな…
高くて手が出ないな…

HOME(通常盤)

評価:
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai
トイズファクトリー
¥ 3,059
(2007-03-14)
Mr.children HOME

今さらながら。

最初聴いた時は正直良いと思わなかったが、たくさん聴くにつれて次第にその良さがわかってくる、所謂”スルメアルバム”の典型的な作品かなと。
 Atomic heartほどヒットしたシングルが沢山入っているわけでもなく、BOLEROほど社会風刺の色が強いわけでもなく、深海ほど暗闇の中から一筋の光を探す自己啓発的な内容でもなく、It's a wonderful worldほど全ての楽曲が高いレベルを誇っているわけでもなく、シフクノオトほど聴いてて心地よくも無く、I love Uほど壮大なテーマをもっているわけでもない。

しかし、何度も聴くと他のどのアルバムよりも恋しくなる。何気ない日々の中を暮らすからこそ良いと思える楽曲がある。彩りのこの歌詞に象徴される。


僕のした単純作業が、この世界を回りまわって

まだ出会ったことのない人の、笑い声を作ってゆく

そんな些細な生きがいが 日常に彩りを加える。

モノクロの僕の毎日に 少ないけど 赤 黄色 緑



朝、彩りを聴き、夜Another Storyを聴くと、イイコトがあると思えるかも。

calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
recommend
recommend
recommend
recommend
Strobolights
Strobolights (JUGEMレビュー »)
スーパーカー,石渡淳治
recommend
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM